『すべての犬は天国へ行く』を観てきました


『すべての犬は天国へ行く』を観てきました。
10月11日の夜の部です。

劇の内容の詳細についての感想は書きませんが、内容はヘビーのものでした。
特にラストのラストはかなりエグかったです。

この劇をを見に行こうと思ったキッカケは推しメンである新内眞衣が出ているからなのですが、劇中は推し眼鏡は外して観ました。
乃木坂46メンバーでは井上小百合と桜井玲香の演技がスゴイなと思いました。
伊藤万理華のクレメンタインも素晴らしかったです。

そして、舞台女優の方々の演技は圧巻です。
舞台をほとんど見たことがない人間なので生で観る演技の素晴らしさを今回で強く実感しました。

個人的に一番印象に残ったのは鳥居みゆきさんです。
デボアのズレているというか狂っている感じは鳥居さんだから出せたのかなと。
生駒里奈のメリィも狂っている役ですが、デボアの狂い方は変なひっかかりのないフラットで恐怖と直結しない狂気という感じです。

今回の舞台を見て他の舞台を観てみたいなと思いました(乃木坂46関係なしに)。
逆に今回の舞台を見て乃木坂46に関心を持ってくれる人が増えたらいいですね。

コメント

このブログの人気の投稿

【レビュー】Chipolo、あえてダメな部分を書く

Nopeが届きました

【レザークラフト】ウォークマンのケースを作った